過払い金請求とはどういうものなのでしょうか

バナー

過払い金請求とはどういうものなのでしょうか

過払い金とよく聞くけど、何のことだかわからないという人はいないでしょうか。
これは、かつて消費者金融を利用していた人たちが払っていた金利のことです。

以前は、消費者金融の金利は利息制限法という法律で、20パーセントと定められていたのですが、その一方で、29.2パーセントまでであれば、法定以上の金利をつけても罰則規定がなかったのです。



ですから多くの消費者金融で、20パーセント以上の金利をつけた融資が行われていました。

しかしこれは、最高裁の判決で問題視され、金利に関しての見直しが始まるようになりました。
そして段階的に法律が改正されて行き、最終的に改正貸金業法として、2010年6月に施行されるに至りました。
この改正貸金業法では、法定金利は20パーセントと定められ、これ以上の金利でお金を貸した業者は、処罰の対象となりました。またこれと同時に、払い過ぎた金利を取り戻すための動きが、かつての利用者から起こるようになりました。

杉山事務所情報を厳選して紹介しています。

これが過払い金請求と呼ばれるものです。
この過払い金請求は、自分で計算することもできますが、弁護士または司法書士に依頼した方が、消費者金融との交渉がスムーズに行くので、そちらをお勧めします。

この場合相談に行く時は、契約書や取引明細などの書類を忘れずに持って行くようにしましょう。

過払い金請求ができるのは、最終取引から10年以内となっています。

人には聞けない珍しい教えてgooの情報探しはそれほど難しくありません。

また、これは現行の貸金業法が施行される以前の借入のみが対象となっていますので、その点にも気を付けてください。

Copyright (C) 2015 過払い金請求とはどういうものなのでしょうか All Rights Reserved.