過払い金の請求で消費者金融が

バナー

過払い金の請求で消費者金融が

過払い金の請求で、消費者金融が色々と大変なことになったわけですが、最終的には業界再編にまで行き、今では銀行と提携しているところもあります。そもそも銀行とどうして提携したのか、ということですが、まず銀行はこの過払い金は殆どなかったからです。


グレーゾーン金利で貸していたから問題が出てきたわけであり、そうした貸し方をしていないのであれば、別に請求されることはないからです。

過払い金請求で最も大変であったのが、消費者金融です。


つまりは、個人に対する貸付をしていたところです。



無担保で貸すわけですから、どうしてもリスクが高いです。

ニコスの過払いの情報を要約した情報サイトです。

そのため、金利が高いところが殆どであり、それが成立たせる条件でもあったからです。


ちなみに出資法では29.2パーセントが限度であり、これであっても、三人に一人が貸し倒れになると損をすることになります。

この29.2パーセントというのがグレーゾーンでもあります。

利息制限法では、もっと法定金利が低いので、そちらが適用されたわけです。

元々、グレーであった金利差であったのですが、それが明確に禁止されたのです。更に言えば、過払い分は元本の返済に充てることになり、そして、それ以上の分は当然、返還する義務が生じたわけです。

Weblio辞書関連情報を紹介しています。

それが確定的になったので、多くの人がやったことになります。
それこそが、過払い請求です。

消費者金融はこれまで利益であった分も返還する必要性が出てきて、非常に経営危機に陥り、合併なり提携なりで乗り切ったのです。


Copyright (C) 2015 過払い金の請求で消費者金融が All Rights Reserved.