過払いの回収は正当なる権利

バナー

過払いの回収は正当なる権利

過払い金回収を躊躇している方は律儀な性格の方が多いようです。


困ったときにお金を貸して助けてもらったのだから、過払い請求をするのは悪いと考えているのです。

しかし、それとこれとはまったく話が別です。

貸金業者からはお金を借りた代わりに利息を支払っていたでしょう。

少なくとも過払いが発生している方は、20.0%以上の高金利で支払っていたはずです。

預金しても1%も利息がつかない実情を考えると、20.0%超えの高金利は異常です。

このような高金利を支払ってきたのですから、業者に対して負い目を感じる必要はないのです。
そもそもグレーゾーンという支払う必要のない利息を支払ってきたのですから、その分は正当な権利としてしっかりと回収してください。


過払い分は自分のお金であり、業者にあげるのは自分の意思で決められます。



しかし、ほとんどの方は友人にお金を貸した場合でも、回収することを考えるでしょう。
支払う必要のない利息を支払っている状況は、いわば自分が貸金業者にお金を貸しているようなものです。

回収をしなければ絶対に損ですし、あとから後悔することになるでしょう。

アイフルの過払いの情報もあります。

過払いには10年の時効があるため、時効を迎えてから後悔しても遅いのです。

時効前でも業者は簡単には返還に応じないため、時効を過ぎれば100%回収は無理だと考えていいです。


早期の回収のためには、早めに弁護士や司法書士に依頼したほうがいいのです。

自力回収を試みても、回収額が少なくなるので結局は割に合いません。

日本経済新聞の知識が身につきます。

Copyright (C) 2015 過払いの回収は正当なる権利 All Rights Reserved.